1月22日に開会した当初は野党の質問時間が大幅に削られるという事態に慌てましたが、8対2を確保。私自身も6回の質問に立つことが出来ました。

参議院の定数増の自民党案を、国民への説明も与野党の合意形成の努力もなく、拙速に数で押し切ってしまうなど、民主主義の土台が危ぶまれる事態。

閉会中は、多くの国民の皆様の声を聞いていきたいと思います。
まず先日は、倉敷市真備町へボランティア活動へ行ってまいりました。

衆議院本会議で質問に立つ山川百合子の写真
カテゴリー: 国会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA