2019年6月5日午前9時より、所属する外務委員会に出席し、立憲民主党の委員として政府へ「トランプ大統領の訪日外交」に関する日本への影響について質問しました。

具体的には、日米貿易交渉・TPP関連・北朝鮮問題・総理のイラン訪問等です。入念な準備をし論戦に挑みました。

答弁者には、河野外務大臣、TPP担当清水内閣審議官。質問時間は25分。長いようで短いものです。

今後も我が国の外交の動きについて注視して参ります。