埼玉県議会議員 山川ゆりこ

文字サイズ 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

サイトマップ

誰もが大切にされる輝く社会を。山川ゆりこ

駅頭演説会お知らせバナー

Twitter by 山川ゆりこ

山川ゆりこ政見放送

山川ゆりこの政見放送はこちらよりご覧いただけます。

活動レポート(民進プレス)

民進プレス(2017年 号外)
山川ゆりこのあゆみと政策 保存版が発行されました
(2017.7更新)
>>民進プレス2017年号外(PDF・1MB)
民進プレス(2017年1月5日号外)が発行されました
(2017.1.5更新)
>>民進プレス2017年1月5日号外(PDF・1MB)
民進プレス(2016年3月27日号外)が発行されました
(2016.3.27更新)
>>民進プレス2016年3月27日号外(PDF・1MB)

活動レポート(議会報)

会報けんけんほっとライン(2017年3月号)を発行しました
(2017.4.3更新)
>>2017年3月号(PDF・2MB)
会報けんけんほっとライン(2016年12月号)を発行しました
(2016.12.29更新)
>>2016年12月号(PDF・2MB)
会報けんけんほっとライン(2016年3月号)を発行しました
(2016.3.28更新)
>>2016年3月号(PDF・2MB)
2016年2月25日午後1時からの埼玉県議会の代表質問に登壇しました。
(2016.2.28更新)
代表質問は25日以降も埼玉県議会サイトのインターネット配信にて録画をご覧いただけます。(メニューより平成28年2月25日の代表質問をお選びください。)
>>質問内容は議会活動ページよりご覧になれます。
会報けんけんほっとライン(2016年新春号)を発行しました
(2016.2.28更新)
>>2016年新春号(PDF・3MB)
埼玉県議会 民主党・無所属の会の議会レポートが発行されています
(2016.2.14更新)
新春号と2015年初夏号には、山川百合子が代表としてご挨拶を載せています。
ご挨拶は>>議会活動ページに抜粋、掲載しております。
>>2016年新春号
>>2015年夏号
>>2015年初夏号
会報けんけんほっとライン(2015年3月版)を発行しました
(2015.4.1更新)
山川百合子3期12年の実績とこれからの課題
>>2015年3月(PDF・2MB)
会報けんけんほっとライン(2015年2月版)を発行しました
(2015.3.1更新)
2015年2月11日の県政報告会での上田知事との対談他
>>2015年2月(PDF)
会報けんけんほっとライン(新規事業速報)を発行しました
(2015.2.5更新)
山川百合子の心を込めた提案が実現しました!
>>新規事業速報(PDF)
会報けんけんほっとライン(新春号)を発行しました
(2015.1.10更新)
>>新春号会報(PDF)
会報けんけんほっとライン(秋号)を発行しました
(2014.12.4更新)
>>2014年秋号会報(PDF)
平成26年9月定例議会報告
(2014.11.22更新)
議会にて不妊対策、認知症対策、子どもの貧困対策、自転車レーンなどについて質問しました。
>>詳しい内容は議会活動ページよりご覧になれます。
会報けんけんほっとライン(増刊号)を発行しました
(2014.8.13更新)
>>こちらのバックナンバーページよりPDFにてご覧になれます。
会報けんけんほっとライン(2014年4月版)を発行しました
(2014.06.07更新)
>>こちらのバックナンバーページよりPDFにてご覧になれます。
会報ReFresh(2013年6月版)を発行しました
(2013.06.28更新)
>>こちらのバックナンバーページよりPDFにてご覧になれます。

ご報告

選挙後、沢山の皆様からお祝いの言葉、メッセージを頂戴しました。心の底から感謝申し上げます。
立憲民主党の初の両院議員懇談会も開かれ、「国民から寄せられた期待に応えていく」ことを皆で確認しました。
初登庁へ向けての準備がいろいろとございます。ひとつひとつですが、ご挨拶と準備を重ね、登庁日を迎えたいと思います。
また、今月も平日朝の駅頭演説は行う予定です。詳しいスケジュールはこちらから又は左上のバナーをクリックしてもご覧いただけます。是非お気軽にお声掛けください。 皆様どうぞよろしくお願いいたします。

両院議員懇談会にて枝野代表と山川ゆりこ

山川ゆりこ当選のご報告

立憲民主党 山川ゆりこが小選挙区では及ばなかったものの、比例復活当選しました!
立憲民 山川ゆりこ 73,250票(得票率:34.4%)
自民 黄川田仁志95,093票(44.6%)・希望 三輪麻美29,867票(14.0%)・維新 谷古宇勘司10,864票(5.1%)・無所属 石川英行2,040票(1.0%)・諸派 飯田剛2,009票(0.9%)

私の訴えてきた「武力によらない平和をつくる」「国民のために国家はあるのだ」「福祉・医療・教育の充実を」に共感をして頂いた皆様、思いを託して頂いた皆様のためにも、この訴えの実現に向けて、めいいっぱい努力して参ります。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

山川ゆりこ当選風景写真

選挙報告会資料PDFはこちらよりご覧になれます。

今後の駅頭演説スケジュールはこちらから、もしくは左上のバナーにてご覧になれます。ぜひ、皆様の声をお聞かせください。

  • 選挙風景写真1
  • 選挙風景写真2
  • 選挙風景写真3
  • 選挙風景写真4
  • 選挙風景写真5
  • 選挙風景写真6
  • 選挙風景写真7
  • 選挙風景写真8
  • 選挙風景写真9

山川ゆりこの政見放送はこちらよりご覧いただけます。

立憲民主党 枝野幸男代表応援演説(2017/10/18 新越谷駅前)は こちらよりよりご覧いただけます。

立憲民主党 福山哲郎幹事長応援演説 (2017/10/19 東武スカイツリーライン草加駅前)は こちらよりご覧になれます。

立憲民主党 山川ゆりこ支援者の声

『立憲民主党 山川ゆりこ候補』に期待します

 政治の無策によるもだとひどく感じるのは社会の底が抜けたようなことが続いていることです。大手企業の様々な不正やブラック企業、貧困、虐待、待機児童、特殊詐欺、フェイクニュースの多さなど社会の抱えた問題の数は増えるばかりです。まだ、発見されていない問題もあるかもしれません。そうして、年々、生きづらく、ギスギスした閉塞感に満ちた社会になっている気がするのは私だけでしょうか?
 そして、これらの問題を解決するには行政だけでは力不足で、政治の力が必要です。問題に取り組む政治家をフォローする主権者も出てこないと解決へは進まないと思います。単独ではどうにもならないと思います。社会の問題に取り組む気があるとは思えない政治を変えなければ、社会の底に空いた穴はどんどん大きくなり、取り返しのつかないことになります。少子化はその最たるものになりつつあるのではないでしょうか。
 これらの問題に巻き込まれ不平不満がたまっていますが、自己責任の論理で泣き寝入りすることの方が多いと見受けられます。安全保障も大事です。しかし、少子化で自衛隊に入ってくれる若者がいなくなっては元も子もありません。そのためには問題を解決し、多様な生き方が安心してできる社会に変わってほしいと思うのです。
 このたび、私事ながら越谷に引っ越してくることになり、この現状に立ち向かう山川候補を知り、期待したいです。
匿名希望(越谷市に転居予定 都内在住 30代 男性)

メール等で続々とお寄せ頂いた声をご紹介します

 2017/10/19 (Thu) 08:14:32 最後のお願い。天気悪いからこそ気合い入れて頑張ろう!投票日天気が悪いと与党に持っていかれます。自民党が、300越す勢いとのこと、本気で私たちの生活を守ろうと思っているなら、台風でも、大雪でも満員電車に乗って仕事に行く私たちの事を思っていただけるのなら、びしょびしょになってでも訴えてください!気を緩めないで!お願いします!

 2017/10/17 (Tue) 10:16:42 連日の冷たい秋雨の中ご苦労様です。
 非力ながら、口伝てや公選法で許される範囲でのネットでのあなたの支援を働きかけております。女房に聞いたら息子の草加中学の同級生にあなたの弟さんがいたとか、勿論家族ぐるみであなたを応援してます。
 枝野さんを始め立憲民主党の風が吹いているとは言え、あなたの選挙区には古いしがらみの強敵がいるので最後まであきらめずゴールに飛び込んでください。

 2017/10/17 (Tue) 08:20:06 あと一週間です。とにかく安倍晋三の独裁政治に楔を打たなければ、国民が戦争の犠牲になります。腹から声出して訴えろ!

 2017/10/16 (Mon) 23:44:48 選挙活動に役立つかどうかわかりませんが、またもうご存知かもしれませんが、ご参考の情報を一つ。
 消費税は財政再建を名目に、平成元年に自民党竹下内閣によって税率3%でスタートしたことをご存知の方は多いと思います。
 では当時の政府債務残高はどれくらいだったか覚えていらっしゃいますか?約160兆円でした。さて今は消費税8%で政府債務残高はいくらかと言えば、1,000兆円超。
 つまりこの約30年の間に消費税で増税しても一度も財政再建には使われなかった、バラマキ無駄遣いに使われてしまったと言うことです。無駄遣いの典型例がふるさと創生資金ですよ。皆さんも思い出されたと思います。
 今回の選挙では消費税10%にして財政再建を図る、社会保障の充実を図るとの公約を主張する政党もありますが、皆さんこの公約を信用出来ますか?

 2017/10/16 (Mon) 09:52:01 米国から在外投票で山川さんと立憲民主党に一票投じました。政治家として筋を通した枝野さんに感銘を受けました。山川さんの国会議員としての活躍を期待しています。

 2017/10/16 (Mon) 00:03:44 経済の話しは堅苦しいのですが、さりとて自民党は経済優先をスローガンにしており、対案を出さないわけには行きません。有権者にわかりやすい話しの材料をご案内したいと思います。
 以前NHKの朝の連続ドラマ小説にあった『とと姉ちゃん』、『暮らしの手帖』女性編集長大橋鎮子さんをモデルにしたドラマでした。
 同誌は消費者の立場に立った調査と記事の掲載を方針としておりましたが、当初はメーカー品への苦言が、メーカーに煙たがれました。しかしメーカーが消費者の観点に立つ製品作りをする事で、結果的に日本製品の品質向上が国際競争力をつけることに役立ったと言う話しです。
 従業員を大切する、お客様の立場に立つ、CSやES、フュデューシャリーデューティは企業が利益追求するうえで相反するものではないと言うことを多くの有権者に主張して頂きたいと思います。
 是非陣営スタッフや支持者の方々と山川さんらしい、有権者がわかりやすい言葉を探して経済政策を語って頂きたいと思います。ご健闘をお祈りしております。

 2017/10/15 (Sun) 23:21:18 今日の長妻先生の演説はいいお話しがあったと思いました。特に派遣や契約社員の労働形態の問題。高いスキル、労働生産性、人口問題、ゆとりある暮らし。
 今回連合の支援を受けていると思いますが、支援母体は大手企業の正社員が主体ですので、企業内の人材育成に時間とカネもかけています。しかし街場では従業員(特に営業マン)がコロコロ転職する企業もあります。こうした企業は人材投資にお金はかけません。したがって営業マンと言っても、顧客満足度も残念なことが多いのです。
 事業継続性を重視する経営者なら、顧客満足度は重要なことです。顧客満足度を高めるには、人材投資をする。人材を大切にする企業が事業継続性、発展性の近道だと言うのが長妻先生の主張だと思います。

 2017/10/15 (Sun) 21:15:39 先程の新越谷駅前での街頭演説で、国家主権主義に対して国民主権主義を理念とする姿勢に共感しました。
 ただもう少し多くに人に理解、支持される。言い換えればわかりやすい具体的である内容を語って頂きたいと思いました。
 これは私見ですが、国家とは国民が助け合う相互扶助の組織であるべきと思うのです。民主的な協働福祉国家、平たい言葉で言えば、国民みんなの助け合う組織が国家なのだ、でしょうか?
 わかりやすい言葉を陣営ならびに支持者と探してみてください。
 間違っても自民党憲法改正草案の「家族は助け合わなければならない」みたいに一見道徳的だが(実際は憲法にそんな道徳は要らない)、言い換えると「国民から税金はとるが、困ったことがあっても国に頼るな家族で何とかしろ」みたいな国家主権の考えを蔓延らせないようにしていきましょう!

『立憲民主党 山川ゆりこ支援者の声』No.3

 分業によって生産量が大幅に増加するとアダム・スミスは言った。
 人間と機械・機械と人間・更には機械と機械が分業することによって益々生産性は向上した。
 人間は機械を保守管理し、さらに便利な機器を開発した。内段取りを外段取りにするのが容易になり、機械化できる作業については労働価値が下がり職業選択の機会を機械に明け渡して行く。
 自由競争の原理で言えば、人間は機械を相手に競争し敗北したのである。優美な伝統的な工芸でさえ、量産化された商品に脅かされてしまった。
 そうして商品の交換価値も下がってしまった。労働によって生じた価値が上がらなくては商品価値も上がりにくい。商品価値と利益を保持する為には長時間労働を強いる、賃金を下げる、福利厚生にコストを掛けない。そこで非正規雇用がもてはやされた。
 労働価値が上がり金銭的ゆとりが生じ、価値の上がった商品と豊かな生活を手にする事が経済成長だった筈なのに。
 かつて分業され、多様化された作業は職業選択の自由によって流動的に人員のバランスを形成していった。生まれで職種を決められてしまった時代からすると、職業選択の自由で様々な職種が誕生し発展している。
 だが、職種は自由に選択出来ても、雇用形態・雇用契約を自由に選べない社会になってはいないだろうか。
 派遣社員などは正にその典型。
 これを職業選択の自由とは呼べなくなってきている。雇用形態までもが細分化されてしまっている。
 今の社会は労働の尊厳を疎かにしている。
 農家が必死で育てた米粒一つ無駄にするなと言い聞かされていた事を遠く思いだす。
 若者の労働価値を尊ぶ大人でなくては、自らの首を絞める事になるだろう。若者の労働と資産を源泉に老後の社会保障が成り立つのである。
 それとも、機械やAIが介護をする程に技術は進歩していくのだろうか。
 だが、それは待てない。
 先日、長妻昭氏の演説を南越谷駅で聞いた。私の問題意識と大筋で一致している。御党の方針と長妻氏の理念が同じであるのなら、一定の評価が出来ると確信する。その理念を理解し御党を選択した山川氏も評価に値すると確信する。
 匿名希望(埼玉県 40代男性)

『立憲民主党 山川ゆりこ支援者の声』No.2

 20代の頃、「政治や選挙はカッコ悪いし、俺には関係ない。」と思う自分がいた。
 その私も29歳で結婚をし、31歳に長女、40歳の時に次女が誕生してくれて二人の娘がいる。
 政治や選挙の大切さを思い知ったのは長女が誕生してくれた今から14年前に遡る・・・。

 当時、私たちは長女の誕生で幸せいっぱいの中、毎日を過ごしていた。それから3か月後、長女に障がいがあることが判り、治療のため4か月の入院の日々が始まった。
 その後、入退院は繰り返して来たが今は14歳になり、重度の障がいを担って寝たきりで自分の意志は上手くは伝えられず、自由にオシャレや出かけたりすることは叶わないが、訪問看護さん・ヘルパーさん、特別支援学校の先生などの周りの皆様から、温かい支援を受け幸せな毎日を長女は送り、次女も姉の姿を傍で見ながら一緒に過ごしている。
 医療や制度などは当たり前のようにあるものだと思っていたが、実は当たり前ではなく、守られてきたもので、誰かが守ってきてくれたからこそ医療や制度などを私たちは利用できていることを知り、20代の頃の自分を恥じた。また当たり前のことはないのだと今は感じている。

 私が山川さんを応援したいと思ったのは、初めて山川さんの挨拶を聞いて少し不器用さを感じたが、真っすぐで優しく温かい心がこもる言葉を話す方だなと思った。特にNGOスタッフ時代のお話は強さも感じ、私は支援を必要とする方の恐怖や不安をきちんと視線を合わせて向き合い受け止め、また人の弱さや醜さも抱きしめてきたからこそ、言葉に優しく温かい心がこもるかと思った。そのように思ったのも長女の病気を初めて知った際の自分たちの姿が現地の方々と重なる部分を感じたからだろう。

 最後に私は「表現」をすることは「命」であり、「時間」は人が作った指標ならば、「命」はこの空間に存在することが出来る期限(時間)の長さが一人ひとり違うパスポートなのかと考える。だからこそ自分自身の身勝手な私利私欲で自分以外の人のパスポートを利用や搾取、奪い取ってはならない。また人にはそれぞれ違う世界(背景)があり、同じ空間には存在するが歩んできた歴史や文化はみな違い、自分以外の人と交わることは異文化交流であり、世界旅行をしているような感覚なのかも知れない。その出逢いやめぐり合わせ、交流はパスポートに刻まれ、期限を迎えた後にパスポートは一冊の本に姿を変え、この空間に生きる出逢った人たちの心の中にある本棚に思い出として、そっと、仕舞われるのだろう。

 山川さんには、少数意見や弱き者などが排除されるように感じる「生きづらさ」を抱くこの社会で、誰もが大切にされることにより、一人ひとりのパスポートに「いいね!」が多く刻まれ、輝く未来を切り拓いて頂きたく思うと共に、輝く未来の社会を子供たちに残し、また親としてその社会に子供たちを残してゆけたらと思います。私は心から山川ゆりこさんを応援します。
小口 高寛(越谷市平方在住 45歳 建設作業員)

『立憲民主党 山川ゆりこ支援者の声』No.1

(2017.10.14)

 2千万人が幸せになるために、1億人が不幸になることが良い社会なのか?
 それとも、1億人が幸福になるために2千万人が不幸になることが良い社会なのか?
 私は立場とは、人それぞれであり、どこに立つかは誰かに決められることではなく、自分で自由に決めていいのではないかと考えています。
 立ち位置。つまり立場は人生を大きく左右します。
 男だとか、女だとか、子どもだとか、大人だとか、富のある人だとか、貧しき人だとか、地位の高い人だとか、地位の低い人だとか、権力者だとか、大衆だとか、障がい者だとか、健常者だとか・・・
 立場に縛られて自己を表現できないのは、とても辛いことです。
 自己の責任において、立ち位置は自由に決めていいのです。
 誰もが自分の立場にとらわれることなく、自己を表現して、実りある人生を送れる社会が形成されることを切に望んでいます。
 誰が幸福になってよくて、誰が幸福になっては駄目だなんて選別は、やってはならないのです。
 人が人の人生の選択を閉ざす社会が良いのでしょうか?もちろん、罪を犯した人が償いをすることは必要なことです。
 しかし、ただ生きている環境に贖うこともできずに、受け入れ難い現状に流されることしかできない人々が、もう自分ではどうすることもできない人々が、幸福になってもいいんだと思える社会であればと思います。
 誰だって幸福に生きていいんだと思える社会。
 そんな社会に私は生きたい。
 山川さんの『だれもが大切にされる輝く未来』に期待しています。
 辻さん(越谷市川柳在住 44歳男性)

匿名の声も募集しています

投稿はこちら(ご意見フォーム)または又は、Eメール info@yamakawa-yuriko.jpへお願いいたします。

立憲民主党 福山哲郎幹事長が応援に登場!

10/19(木)11:30〜草加駅での福山哲郎幹事長応援演説。福山幹事長の熱きメッセージに感動!昨日に引き続きたくさんの方が駆けつけてくださいました!ありがとうございました!

福山哲郎幹事長の応援演説

立憲民主党 枝野代表が応援に登場!

10/18(水)12:00~新越谷駅に枝野代表が応援に駆けつけて下さいました!約1時間の大演説会に、平日のお昼時にも関わらず多勢の皆様が足を停めて熱心に耳を傾けて下さいました。

枝野代表と山川百合子写真

立憲民主党 長妻昭代表代行が応援に登場!

10月15日(日)19:30~新越谷駅東口にて駅一杯の聴衆の中、長妻昭立憲民主党代表代行が山川ゆりこの応援に駆けつけてくださいました!

長妻昭立憲民主党代表代行応援演説

不退転の決意

10月3日、次期衆議院議員選挙に「立憲民主党」から立候補することを決意致しました。

出馬にむけて、9月28日、県議会の議員の職を辞しました。万感の思いです。

民進党が希望の党と合流するという決定によってもたらされた混乱、状況が刻一刻と変化する中、自分の信念にしたがって、決断しました。

来る選挙戦では、有権者の皆様に誠意をつくして訴えて参ります。どうぞよろしくお願い致します。

山川ゆりこの個人ビラ(A4)はこちら政党ビラ(A3)はこちらよりPDFにてご覧いただけます。
立憲民主党山川ゆりこ政党ビラ
※討議資料として、限られた方とシェアすること以外に、この文書を印刷して配布することは、公職選挙法で禁止されています。

立憲民主党の綱領はこちらからPDFにてダウンロード頂けます。

武力によらない平和をつくる

8月に東ティモールへ行き、太平洋戦争の爪跡を訪ねました。
原点に立ち返る…。「武力によらない平和をつくる」 人と人のつながりが、何よりも大切と改めて実感しました。

山川ゆりこの写真:東ティモールにて

武力によらない平和をつくる
~山川ゆりこの原点~

2017年6月10日、「武力によらない平和をつくる~山川ゆりこの原点~」と題して、内海愛子先生と山川ゆりこの対談形式によるセミナーを行いました。
20代のとき、内海先生と歩いたインドネシアの町並みのここそこに、日本との繋がりを発見しました。特に、戦争の傷痕を目にしたことが、今の私の「武力によらない平和をつくる」原点になっています。
会場は立ち見が出る盛況でした。沢山の皆様のご参加、誠にありがとうございました。

セミナー紹介PDFはこちらからダウンロード頂けます。

対談の様子は、下記リンクより、又は右側のバナー画面でご覧になれます。
Youtube ~武力によらない平和をつくる~山川ゆりこの原点。2017年6月10日

対談:山川ゆりこの写真

対談:内海愛子先生

内海愛子先生

駅頭演説会を行っています!

平日6時45分~8時15分、越谷市内および草加市内の各駅頭にて駅頭演説会を行っています。
会報などの配布もしておりますので、皆さまお忙しいこととは存じますが、ぜひ、ご意見・ご要望などお声かけくだされば幸いです。
 

山川ゆりこ駅頭演説会の様子

新年のお慶びを申し上げます

旧年中は大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。
昨年は、大きな決意をした年となりました。
 民進党埼玉第三区(越谷・草加)総支部の総支部長となり、これまで取り組んできた子育て支援や、高年者の支援、医療整備や、まちづくりなどの身近な課題に加えて、外交問題についても積極的に発信してきました。
 議員として活動する以前、国際協力を行うNGOのスタッフとして、世界の扮装地域や貧困地域の支援活動に携わってきました。「平和をつくりだす」活動こそが、自国の安全にも寄与する。支援活動の中で得た確信です。
 今年は、世界情勢に大きな出来事が起こる予感がします。その時、日本はどういう選択をするのか。国内においても、国際社会においても、「平和をつくりだす」活動をして参ります。
 本年も精一杯取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 2017年1月1日

署名:埼玉県議会議員 山川百合子

秘書・スタッフ募集のご案内

 県議会議員を支える秘書を募集しています!今後、山川議員が更に活発に活動できるようにするために新しく「私設秘書」と「秘書候補」を募集することになりました。熱意があり、誠実な方であれば、議員秘書未経験でも構いません。

ご応募は右下のバナー又はこちらの募集案内ページより詳細をご覧ください。

ワーク・ライフバランス セミナー開催のお知らせ

目から鱗の人生設計
経営戦略としてのワーク・ライフバランス

2016年10月27日(木)
14:00~16:00(13:30 開場)
草加商工会議所3階会議室(草加市中央2-16-10)
参加無料

ワーク・ライフバランスセミナーチラシ

ワーク・ライフバランスとは、労働時間を短くするとプライベートだけでなく、仕事の質まで上がるという実証データに基づき、日本人の働き方と人生設計までをも変える目から鱗の発想です。
講師に大畑 慎護 先生(株式会社ワーク・ライフバランス コンサルタント)をお招きして、山川ゆりこと一緒に、あなたもワーク・ライフバランスを学んでみませんか? ご参加を心からお待ち致しております。

ご案内チラシはこちらよりダウンロードいただけます。

参加ご希望の方は・・・

参加には事前登録が必要です。参加ご希望の方は、以下のいずれかの方法で埼玉県議会議員 山川百合子事務所まで、お申込み下さい。

  • お電話(Tel: 048-927-0131
  • メールフォーム
    (又は、Eメール info@yamakawa-yuriko.jp
    ※お名前、連絡先、同行者、保育人数をご入力下さい)
  • ファックス(Fax: 048-927-0353)

ファックス参加申込書(兼アンケート用紙)はこちらよりダウンロードいただけます。

立憲民主主義で語るくらしと政治
オール越谷市民アクション

 2016年9月21日、市民と政党がオープントークが越谷市役所中央市民会館で開かれました。参院選の総括から、アベノミクス、憲法改正問題まで、市民と政党がシームレスに連携し、日常的な生活実感から、もっと政治を身近に感じられる環境をつくろうという企画第2弾です。
今回も民進党衆議院埼玉3区総支部長 山川ゆりこがパネリストを務めさせて頂きました。

パネリスト、山川百合子の写真

市民と政党がオープントーク写真

第24回参議院議院選挙

 大野もとひろ氏が多くの方々の、熱心な応援の賜物で当選となりました!おめでとうございます。有難いことに、投開票日当日、早々に当確がでました。誠に有り難うございました。

 山川ゆりこも少しでも多くの方々の意見を頂戴すべく、越谷と草加の全駅を巡る民進党埼玉県第3区総支部の朝の駅頭街宣活動を行っておりますので、どうぞお気軽にお声をおかけください。

お年寄りと話す大野もとひろ氏と山川ゆりこ

駅頭に立つ山川ゆりこ

18日間、駆け抜けました。

 明日は私達の平和と民主主義を守るためにとても重要な日です。
 イギリス国民一人一人の選択が、EU離脱を決めました。お一人の選択によって日本国の進む方向が左右されるはずです。

まずは大野もとひろさんの必勝を期して。

大野もとひろさん

熊本地震緊急支援ご協力のお願い

 熊本で起きた大きな地震によって大変な被害が出ています。
お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
一刻も早い救援と、被災されている方々の安全が守られますように、そして今できる支援活動として、支援のプロであるピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の緊急支援活動を応援して参ります。
PWJは私が活動していた、緊急・復興・開発支援を展開する団体です。
どうぞ皆様の温かいご支援を、よろしくお願い申し上げます。

NGO ピース ウインズ・ジャパン(PWJ)のサイトへのリンク
http://www.peace-winds.org/

リンクバナー http://www.peace-winds.org/

ご支援は・・・

郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄に、「熊本地震緊急寄付」と明記してください。

※他の銀行から振込まれる場合は、 銀行コード「9900」 店番「109」 です。

署名:埼玉県議会議員 山川百合子

民進党岡田代表と街頭対談

 埼玉県第3区(越谷・草加)総支部長として民進党 岡田克也代表と新越谷駅前で約1時間に亘り熱く対談しました。トピックは、事前のアンケート調査でも関心が高かった課題「保育園落ちた」、「地域包括ケアー~高齢者のための医療と介護」、「景気回復と消費税」、「安保法制と憲法改正問題」で時折、拍手も頂戴いたしました。集まられた約500名の有権者の皆さま、長時間にわたり、ご清聴下さいまして、誠にありがとうございました。街頭対談の様子は、下記リンクより、又は右側のバナー画面でご覧になれます。
Youtube ~民進党・岡田代表、埼玉県内を遊説(後半) 2016年4月6日

民進党岡田代表と街頭対談をする山川ゆりこ埼玉県第3区(越谷・草加)総支部長

県民の皆様から頂戴した声を訴える山川ゆりこ

写真:左から大野もとひろ参議院議員、民進党岡田代表、山川ゆりこ埼玉県第3区(越谷・草加)総支部長

大野もとひろ参議院議員も駆けつけてくださいました!

大野もとひろ参議院議員(埼玉県選出)サイトへのリンク

大野もとひろ参議院議員(埼玉県選出)サイトへのリンク

>>>2016年3月以前の情報はこちらよりご覧いただけます

山川百合子の活動写真

写真:駅前にて県政報告

写真:駅前にて県政報告とご意見はがきを配る

皆様のご意見を直接伺いたく駅前にて県政報告(2014.12)

写真:埼玉県議会12月定例会に出席

埼玉県議会が始まりました(2014.12)

写真:埼玉県警と自転車事故について意見交換

埼玉県警と自転車事故について意見交換(2014.11)

写真:産前・産後ケアセンター和光市にて視察

和光市の産前・産後ケアセンター 視察(2014.11)

写真:建設途中の圏央道、幸手ICを視察

建設途中の圏央道、幸手IC 視察(2014.11)

バナー:立憲民主党ツィッターへのリンク

山川百合子の公選ビラ

山川ゆりこの個人ビラ(A4)はこちら、政党ビラ(A3)はこちらよりPDFにてご覧いただけます。

※討議資料として、限られた方とシェアすること以外に、この文書を印刷して配布することは、公職選挙法で禁止されています。

山川ゆりこ候補街頭演説と立憲民主党 枝野幸男代表応援演説(2017/10/18)

新越谷駅前(JR南越谷駅前)にてyumeo ou氏が撮影くださいました。こちらよりご覧になれます。

山川ゆりこ候補街頭演説と立憲民主党 福山哲郎幹事長応援演説(2017/10/19)

東武スカイツリーライン草加駅前にてyumeo ou氏が撮影くださいました。こちらよりご覧になれます。

大野もとひろ参議院議員(埼玉県選出)サイトへのリンク

大野もとひろ参議院議員(埼玉県選出)サイト

武力によらない平和をつくる~山川ゆりこの原点。(2017.6.10)

内海先生との対談の様子はこちらよりご覧になれます。

民進党街頭対談(2016.4.6)
@新越谷駅東口

民進党岡田党首との街頭対談の様子はこちらよりご覧になれます。

県政報告会(2015.2.11)
「県政への思い」抜粋

『対話によって政治が動く』と題して行われた県政報告会での上田きよし埼玉県知事との対談の様子はこちらよりご覧になれます。

バナー:フェイスブック山川百合子ページへのリンク

バナー:求人募集へのリンク

山川ゆりこ夫のサイト

バナー:アフリカへ毛布を送る運動推進委員会サイトへのリンク

アフリカに毛布を送る活動をやっています。ご家庭で不要になりました毛布がございましたら、山川百合子事務所にご一報ください。草加市内でしたら、こちらで取りに伺わせていただきます。年間を通じて運動中です。