草加市・越谷市で受けられる主な新型コロナウイルス支援制度

生活でお困りの方への支援

~目次~

草加市・越谷市 共通の支援

Q.去年のような10万円の給付はもうないんですか?

A.今国会で成立した子育て世代臨時特別給付金があります。低所得の子育て世帯を対象とし、子ども1人につき5万円が支給されます。ひとり親世帯だけでなく二人親世帯も対象となりました。

草加:

詳細が決まり次第、市ホームページに掲載 子ども政策係 ☎048-922-3492 手当・給付係 ☎048-922-1476  子ども援護係 ☎048-922-1483 

低所得の子育て世帯へ子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を支給します - 草加市役所

越谷:

子ども家庭部 子ども福祉課 児童手当担当

☎048-963-9166 

子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分) 越谷市公式ホームページ

厚生労働省コールセンター ☎0120-400-903(平日9:00-18:00) 

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)
低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について紹介しています。

越谷市 独自の支援

Q.去年の10万円給付のあとに子どもができました。この子には給付金はもらえないんですか?

A.令和2年4月28日以降に出生した新生児に対し、越谷市独自の10万円の新生児特別給付金があります。

保健医療部健康づくり推進課 ☎048-960-1100 

新生児特別定額給付金について 越谷市公式ホームページ

Q. 非正規で働いているのですが、仕事が減ったままです。補てんしてもらえませんか?

A. 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金は受け取っていますか?

今年に入って休業した分や、大企業に雇用されているシフト制の労働者の方は、これまでの全期間分、休業手当の支払いを受けることができるようになりました。

令和2年10月―12月分は、5月31日(月)まで、令和3年1月―4月分は、7月31日(土)までが申請期間です。

 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター ☎0120-221-276 月~金8:30~20:00、土曜は17:15まで 

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

Q. 仕事が減って、家賃を払うのが大変です。家賃補助の延長はありませんか。

A. 失業や解雇等で収入が減った世帯に対する家賃補助(住居確保給付金)があります。原則3カ月ですが、延長もあります。6月30日までに申請すれば、解雇以外の離職や減収でも再支給の対象となります。

草加:生活支援課 保護管理係・第1~4保護係 ☎048-922-1245 

住居確保給付金の支給 - 草加市役所

越谷:「生活自立相談よりそい」 ☎048-963-9212

住居確保給付金支給事業について 越谷市公式ホームページ

Q. 子どもがコロナ濃厚接触者となり、世話をするため仕事に行かれません。補助制度はありませんか

A. 小学校等に通うお子さんの世話をするため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援するための支援金があります。小学校休業等対応助成金は、今年3月31日までの休暇取得分が対象です。1月1日から3月31日までの休暇取得分については申請期限が6月30日まで。4月1日以降は、両立支援等助成金として、支給されます。

学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金コールセンター ☎0120-60-3999(9:00-21:00 土日・祝日含む)

小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設しました
新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金について紹介しています。

Q. 仕事がなくなり、支払いが滞っています。融資などの制度はありませんか

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯へ、上限10万円(特例で20万円)貸付ける個人向け特例緊急小口資金があります。

草加市社会福祉協議会(☎048-932-6789)

新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえた緊急小口資金等の特例貸付について - 草加市役所

越谷市社会福祉協議会 生活支援課  ☎048-966-2251

Q. 仕事がなくなり、保険料などが支払えません。補助制度はありませんか。

A. 国民健康保険料や国民年金保険料等の減免措置があります。

草加:

市税・国民健康保険税:納税課(☎048-922-1124、048-922-1126)• 保険年金課保険税係(☎048-922-1592)• 介護保険課 保険料係(☎048-922-1376)

新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難な人へ - 草加市役所

日本年金機構 ☎0570−003−004(ねんきん加入者ダイヤル:申請手続等の問合せ)

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.html

越谷:

保健医療部 国保年金課 後期高齢者医療担当 ☎048-963-9170

新型コロナウイルス感染症の影響により、国民年金保険料の納付が困難な方へ 越谷市公式ホームページ

Q. コロナに感染して、仕事に行かれず収入が減りました。補助制度はありませんか。

A. 新型コロナウイルス感染症にかかる傷病手当金の支給(国民健康保険・後期医療者医療制度)があります。

草加:

 保険年金課(☎048-922-1593)• 後期高齢者・重心医療室(☎048-922-1367)

新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療加入者への傷病手当金の支給について - 草加市役所

越谷:

保健医療部 国保年金課 給付担当 ☎048-963-9154 

新型コロナウイルス感染症に伴う国民健康保険加入者への傷病手当金の支給について 越谷市公式ホームページ

Q. 妊婦ですがコロナ感染が心配です。検査は受けられますか?

A. ウイルス検査を実施する際の検査費用を助成します。埼玉県内の病院で受ける場合は、申請は不要ですが、埼玉県在住の方が、県外で検査を受ける場合は、埼玉県に申請が必要です。

埼玉県保健医療部 健康長寿課:☎048-830-3561 

妊婦のみなさまへ(新型コロナウイルス感染症に関する情報)
妊婦のみなさまへ、新型コロナウイルス感染症に関する情報をまとめました。

Q. こんなこと、相談できる? どこに相談すればいいの?

A. まるごとサポートSOKAによる生活困窮相談に相談してみてください 

(事前予約制) ☎048-922-0185 

まるごとサポートSOKA(生活困窮者自立相談支援窓口) - 草加市役所

事業継続のための支援

Q. コロナで売上が減少してしまったけれど、何とか事業を継続できないでしょうか。

A. 昨年、大人気で応募が終了した小規模事業者持続化補助金が、販路開拓等の取組みを支援する「一般型」(上限50万円)と、ポストコロナ社会に対応したビジネスモデルの転換への取組みや感染防止対策費の一部を支援する「低感染リスク型ビジネス枠」(上限100万円)として、今年度も申請受付を開始しています。

一般型の5次締切は6月4日(金)、「低感染リスク型ビジネス枠」の1次締切は5月12日(水)です。(その後も、申請受付は継続します)

草加商工会議所 ☎048-928-8111

草加商工会議所 そうかシティ -施設利用- 会議室利用について

越谷商工会議所 ☎048-966-6111 

越谷商工会議所
ようこそ越谷商工会議所ホームページへ。越谷市内の商工業者の経営に関する相談と支援、経済振興を図るための諸活動を通し、豊かで住みよい地域づくりを目的とした産業の推進と地域活性化のための事業を行っています。

経済産業省

https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html  

https://seisansei.smrj.go.jp/(持続化補助金)

Q. 売上高や利益率が減少していますが、融資を受けるのもためらいがあります。相談できませんか。

A. 埼玉県独自の支援策として、個人事業主や中小企業、NPO法人等を対象とした経営あんしん資金があります。融資を受けるかどうかも含めて、県制度融資の制度全般に関する相談も受け付けています。
埼玉県 産業労働部 金融課 企画・制度融資担当 ☎048-830-3801

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業への資金繰り支援について

Q. 資金繰りが厳しい。融資や猶予の制度はありませんか

A. セーフティネット保証利用支援補助金やセーフティネット保証貸付などの制度があります

草加:産業振興課 商工係 ☎048-922-3477 

リノベーションまちづくり推進係 ☎048-922-0839 農業係 ☎048-922-0842

セーフティネット保証制度 - 草加市役所

Q. テレワークをしたいと思ったがなかなかできなかった。これからでも間に合いますか

A. テレワークやWeb会議システムの導入などにIT補助金があります。

サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局ポータルサイト

https://www.it-hojo.jp/ 

☎0570-666-424 9:30~17:30(土日祝日除く)

Q. 事業を継続したいが、経営は厳しく、誰にも相談できずに悩んでいる。どこかに相談できませんか。

A. 中小企業者の方の相談に対応する経営支援窓口があります。専門家(中小企業診断士)による、各種施策等の活用支援や申請サポート、経営課題の相談など、事業継続に向けた支援を行っています。

草加:随時、産業振興課HP(「草加市産業振興支援情報 あっ、そうか.net」)にてご案内 http://www.a-soka.net/

越谷:越谷市産業雇用支援センター「二番館」。☎048-967-2424 

Q. ハウス農業をしていたが、観光客も来なくなって、経営が厳しいです。何か補助金はありませんか。

農林漁業者の方向けの、経営継続補助金があります

https://keieikeizokuhojokin.info/index.html

(一社)全国農業会議所 経営継続補助金 事務局 ☎03-6447-1253

Q. 営業時間短縮の要請に全面的に協力したため、売り上げが激減しました。協力金はもらえますか?

埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的に協力した、飲食店(カラオケ店、バーなど含む)を運営する事業者に対し、感染防止対策協力金が支給されます。

• 埼玉県中小企業等支援相談窓口

☎0570-000-678(ナビダイヤル)平日 9:00~21:00、土日祝 9:00~18:00、

越谷市:

越谷市では、独自に、埼玉県感染防止対策協力金(第1期)の支給を受けた「酒類の提供を行う飲食店」、「カラオケ店」の事業者を対象に、1店舗当たり14万円(越谷市内にある店舗分のみが対象)の協力金を交付しています。

環境経済部 経済振興課(産業雇用支援センター内)
☎ 048-967-4680 https://www.city.koshigaya.saitama.jp/anzen_anshin/covid19/shienmatome/jigyosya/kansennboushikyouryokukinn.html